マルコのディスクロージャーポリシー

ディスクロージャーポリシー

  1. 情報開示の基準

    当社は、会社法、金融商品取引法、その他の法令および東京証券取引所の定める「上場有価証券の発行者の会社情報の適時開示等に関する規則 (以下、「適時開示規則」という」)に従い、正確、適時かつ公平に情報の開示を行います。
    また、適時開示規則に該当しない情報であっても、株主や投資家の需要に応えるべく、速やかに、公正かつ公平に情報開示を行います。

  2. 情報開示の方法

    適時開示規則に該当する情報は、東京証券取引所に事前説明の後、同取引所及び国内証券取引所が運営・利用する適時開示情報伝達システム「TDnet(Timely Disclosure Network)」へ登録し公開した後、速やかに当社ホームページに掲載します。適時開示規則に該当しない情報につきましても、ホームページへの掲載等により広く開示します。

  3. 沈黙期間について

    当社は決算情報の漏洩を防ぎ、公平性を確保するため、各四半期の決算期日の翌日から当該四半期の業績に係わる情報が公表されるまでを沈黙期間としております。この期間は、決算に関する質問へのコメントを差し控えることとしております。ただし、当初の予想と実績見込に乖離が生じた場合は、適時開示規則に従い適宜公表してまいります。

  4. 当社ホームページの位置付け

    当社ホームページは、インターネットを利用して当社に関する情報収集を行う方々を対象に、その便宜を図るために提供しています。当社ホームページは投資勧誘を目的としたものではありません。投資に関する決定は、ご利用者自身の判断で行われるようお願いいたします。
    当社が法令や諸規則に基づき開示した情報や、当社の自主的な判断により公表した情報については、それらが正確、公平かつ迅速に投資家の皆様に伝わるよう、適宜、当社ホームページに掲載いたします。
    ただし、当社の開示した情報すべてが当社ホームページに掲載されていることを保証するものではありません。また、当社ホームページに掲載された情報により被った損害等に関しては、当社は一切責任を負いかねますのでご了承下さい。

  5. 業績見通しについて

    当社ホームページに掲載されている開示資料の中で、計画・業績の見通し・戦略などのうち、過去または現在の事実に関するもの以外は、将来の業績に関する見通しであり、これらは現時点で入手可能な情報による判断および仮定にもとづいています。
    したがって、実際の業績は、様々なリスクや不確定要素の変動および経済情勢などによってこれらと異なる結果になる場合がありますことをご了承ください。

Copyright (C) 2013 Maruko Corporation. All Rights Reserved.